働くカーチャンの雑記帳

旅に出たい母ちゃんと乗り物好きな息子の日常

大井川鐵道へトーマスたちに会いに行ってきたよ②

今年の夏の記録、前回の続きです。

大井川鐵道の新金谷駅から移動しまして、向かうは千頭駅!

次なる目的は「これからやってくるジェームス号が転車台で回る様子を見る」なのですが、ジェームスが来るまで少し時間があるので、千頭駅で開催されていたトーマスフェアを満喫することにします。

トーマスフェア2017について | 大井川鐵道【公式】

現地に着いてまずご対面したのが…

f:id:sakura_ink:20170908175408j:image

ヒロ!喋ってる!

f:id:sakura_ink:20170909002249j:image

パーシーもいるよ!喋ってる!

ここでは彼らの運転席の様子を見たりすることが出来ます。

今回近くには行きませんでしたが、ラスティーの姿も。

f:id:sakura_ink:20170909003054j:image

一通り一緒に写真を撮ったりしてるうちに時間になったのでスタンバイ。

f:id:sakura_ink:20170909002357j:image

こちらが千頭駅にある転車台です。

新金谷駅にも転車台があったのですが、あちらは手動でも電動でも動くもの。対して千頭駅の転車台は人力で動くのみです。

さてさてどんな様子で作業をするのか…と言ってるうちにジェームス号がやってきました。

f:id:sakura_ink:20170909003029j:image

ホームで客車を切り離し、その後すぐに転車台で方向転換…するのかと思ったら、レールを切り替える関係か、何度も何度も切り返しを行なって、ようやく転車台向かいにスタンバイしていました。

f:id:sakura_ink:20170909003528j:image

大迫力!

子供が喜ぶのは勿論ですが、大人も大興奮!

いや、逆に子供はビックリして泣いちゃう子もいるぐらいでしたが…

そして転車台に乗ってぐるぐると回転開始。

f:id:sakura_ink:20170909003803j:image 

凄い、本当に人力です。動いてるのが凄い。(語彙力)

f:id:sakura_ink:20170909003916j:image

ぐるっと1周半回ったところで、ジェームスは転車台を後に。

その後はパーシーとヒロと並びでスタンバイしていました。

f:id:sakura_ink:20170909010037j:image

さてさて、ここでトーマスが揃えば全員集合ですが…

しばらく待っていると、トーマス号もジェームス号と同じようにやってきました。

f:id:sakura_ink:20170909010408j:image

そしてまた切り返しの連続…

f:id:sakura_ink:20170909010505j:image

ようやく転車台に到着!

f:id:sakura_ink:20170909010619j:image

それからまた人力でぐるぐるぐる…

f:id:sakura_ink:20170909010737j:image

ジェームス号が到着した後だからか、トーマスだからなのか、ギャラリーの人数が先ほどの倍です。凄い人です。(語彙力)

f:id:sakura_ink:20170909010912j:image

転車台で回り終えたトーマスは、ジェームスたちが待つホームへ移動。

写真と文字で表すと随分と端的かつ語彙力の足りなさを痛感するところではありますが「iPhoneで動画を撮影しながら写真を撮った末のカメラロール」を見ていただければ、この時のテンションがどんなもんだったかというのが分かります。

f:id:sakura_ink:20170909012746j:image

トーマスフェアでは他にも色んな乗り物に乗れたり、プレイコーナー的なところで遊べたりします。2歳の息子と一緒に遊べたのは、トーマスのミニSLとコイン式の乗り物とかかな…

 

時間の都合があったので、今回は音戯の郷ゾーンでは遊べませんでしたが、お昼ご飯をここで食べたり、少しぐるっと見て回ったりしたところで千頭駅を出発することに。

f:id:sakura_ink:20170909011657j:image

印象としては2歳児連れでも楽しめたけれど、もう少し大きくなってからだとまた更に楽しめるかなーという感じ。

トーマスフェア内にあった手漕ぎ自転車を見て「ぼくものってみたいのー!」とは言っていましたが、流石にあと1〜2年はしないと無理かな…

今回は「大人の遠足」に便乗した旅であったので(夫の友人達はこの後アプト式列車を乗りに行きました)、子供メインで考えるとまた違った感じにはなるかな。

 

「ぼくもトーマスのりたかったな…」と名残惜しそうではあったので、次回はトーマス号の予約を入れてみたい所存です。(そしてあわよくばバスのバーティーにも乗りたい)←親が