働くカーチャンの雑記帳

旅に出たい母ちゃんと乗り物好きな息子の日常

【今、再びのアンパンマン南風④】いざ、高知へ!

4回に分けてきた今年の高知行きストーリーも今回で最後です。

色々ドタバタと回り道などありましたが、いよいよ岡山から四国入り!高知を目指します。

f:id:sakura_ink:20170904060615j:image

待ちに待ったアンパンマン列車、特急南風!

アンパンマン仕様の特急南風はオレンジとグリーンの2色があるのですが、グリーンは基本早朝か夜に走っているのでなかなかタイミングが合わず…去年の秋同様、オレンジ色のアンパンマン南風に乗ります。

f:id:sakura_ink:20170904061055j:image

息子が手に持ってるのは、これ。

 

ダイヤペット アンパンマン列車 オレンジ DK-7126 (リニューアル)

ダイヤペット アンパンマン列車 オレンジ DK-7126 (リニューアル)

 

去年の高知でばあばに買ってもらったものです。実物とおもちゃをしばらく見比べてるマン。

f:id:sakura_ink:20170904061530j:image

元々「瀬戸大橋アンパンマントロッコにまた乗れたらいいなー」からスタートした旅。台風諸々の都合もあって、今回トロッコに乗ることは出来ませんでしたが、なんやかんやでまたアンパンマン列車に乗ることが出来たので結果オーライ。息子も喜んでいます。

f:id:sakura_ink:20170904123219j:image

外装まるっとアンパンマン仕様なこの特急南風ですが、内装もアンパンマン仕様になっているのは1号車後ろ半分の指定席部分のみ。(前半分のグリーン席は通常仕様です)

f:id:sakura_ink:20170904123324j:image

今回は目の前でジャムおじさんが(見えづらいですが)パンをこねています。反対側の席にはバタ子さん。

シートは全てアンパンマン柄になっています。

f:id:sakura_ink:20170904123654j:image

どうでもいいですが、このジャムおじさんのテーブルに物を置いたら、なんだかお供え物みたいになってしまいました。

f:id:sakura_ink:20170904123832j:image

ビールは「かあちゃん、ビールのんでいいよ」と許可を貰った岡山の一番搾りです。何様なの。

f:id:sakura_ink:20170904123950j:image

とっても穏やかで良い天気な瀬戸内海。文字通り台風一過の天気です。

ここまで特急→新幹線と乗り継いできたわけですが、だめ押しでこの特急南風の乗車時間も2時間を超えるという。

f:id:sakura_ink:20170904124354j:image

前回の旅で下車した琴平。健脚ボーイがもう少し大きくなったらこんぴらさんにまた行きたい。

 

最後の方は流石に飽き飽きしていましたが、自宅から用意してきたトミカ達と多少のYouTube(だけどかなりの確率で圏外になるので使えない)を駆使してなんとかなりました。

f:id:sakura_ink:20170904124309j:image

そして辺りが真っ暗になってきた頃に高知駅到着!

f:id:sakura_ink:20170904124721j:image

高知きたよ!

今年の春オープンしたという、高知駅の「アンパンマン列車ひろば」へようやく行くことが出来ました。(実は7月にも高知へ行ってるのですが、この時は空路だったので高知駅には行かなかったのでした…)

f:id:sakura_ink:20170904125133j:image

f:id:sakura_ink:20170904125216j:image

f:id:sakura_ink:20170904125247j:image

こんな感じでアンパンマン列車の紹介がされていたり

f:id:sakura_ink:20170904125353j:image

一緒に写真が撮れる「瀬戸内海アンパンマントロッコ」のミニチュア車両があったり

(これを見て息子が「ぼくのりたかったな…」とつぶやいていました…)

f:id:sakura_ink:20170904125512j:image

まだ乗ったことがない!「予讃線8000系アンパンマン列車」のミニチュア車両と写真を撮ったりしました。

(これを見て息子が「ぼくまだ(このジオラマ車両)もってないの」と言ってました。買う気か。)

f:id:sakura_ink:20170904125809j:image

何とか高知にたどり着きましたが、実はまだ旅はまだまだ続く…

この後もバタバタしたり、帰りの飛行機が欠航したりしましたが、それはまた別のお話で。