読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらメモ

こども・本・たべもの・散歩・ネタになるものもろもろ

京都鉄道博物館に行ってきたよ記(屋外編)

三連休に京都へ行ってきた話のその1。

関東在住なのに、まだ大宮の鉄道博物館へ行けてない私が初めて京都鉄道博物館に行ってきました。(大宮自体には何度も行ってるのになー)

お得情報とか攻略法とかそんな崇高なものは無いので悪しからず( ̄▽ ̄)

他のサイトさんの方が参考になりますよー!私も超参考にしました。

f:id:sakura_ink:20170112070019j:image

この日の天気は曇りのち雨。

同じ日の午前中に京都市消防局の出初式があったので、「出初式見てから鉄博行こうかな!」という考えもありましたが、9時ごろで既に天気も怪しく…寒いし…ということで、素直に朝イチで鉄博にやってきました。

f:id:sakura_ink:20170112070630j:image

10時開館の20分前には到着出来たかな。

去年の春にオープンした京都鉄道博物館。当然ながら、1月最初の三連休の混み具合とか、心の隅っこで思っていた出初式の影響(ちびっこ連れという客層がかぶることを期待して)とか、そもそも冬の鉄博ってどんなもんかね?という情報がパッと見当たらなかったのでドキドキ。

いざ現地へ行ってみれば、まあ当然ながら開場待ちで並んでいたものの、「こりゃだめだー!」とビックリする程の列ではなかったです。

感覚としては、当日券購入列と前売り券を持ってる人の列で半々。前売り券を購入していれば、券売機に並ぶ必要も無くスルッと入れるので、事前にチケットを購入しておいたほうがベターです。(子連れなら特に)

今回我が家は

  • 元々年末に行く予定だった、じいじばあば私の三人分はみどりの窓口で前売り券購入
  • 父ちゃんの分は前日にセブンイレブンで前売り券購入
  • 息子は3歳未満のためチケット不要

というスペック。

みどりの窓口もセブンイレブンも、入館日を指定して前売り券を購入するのですが、予定していた入館日を逃しても、1ヶ月間はそのまま使うことが出来るというもの。

(というか、購入したチケットはキャンセル出来ない!というのに気付いて、今回の京都旅行が決まったのですが)

セブンイレブン購入分は、マルチコピー機で手配することが出来ます。名前と電話番号、入館日の入力必須。

f:id:sakura_ink:20170112071813j:image

さて、アトラクション。

「朝イチ着いたら、まずSLスチーム号に乗るんだ…!」と勇んでみましたが、一番に外展示のSLへ向かう人はまばらで、10時半乗車のチケットもすんなり買うことが出来ました。

みんな先に中を見るんだろうなー、シミュレーターとか行くんだろうかーとか思ったものの、写真の通り比較的空いていたので、必要以上気にすることなくパシャパシャと撮ることが出来ました。

f:id:sakura_ink:20170112072150j:image

10分少々うろうろ…

f:id:sakura_ink:20170115065243j:image

ズラッと歴代機関車が並ぶ正面も圧巻ですが、後ろにある解説も1つ1つ見ていきたいです。(今回はザッとしか見れなかった…)

 

雨がパラパラと降り始めたところで乗車時間に。SLスチーム号は、一旦バックしてから前進する、乗車時間10分ほどの旅。

f:id:sakura_ink:20170115065537j:image

歴代のヘッドマークたちがついていてかわゆいです。ベンチもウサギ柄だったり桜柄になってたりと素敵。

出発の時は、スタッフの皆さんが手を振ってくださるのにキュンときました。

隣すぐ近くでは通常運行している在来線・新幹線も走ったりとテンション上がりまくり!天気が良くないため人はまばらでしたが、隣の梅小路公園の人たちが眺めたり写真撮ったり手を振ったりしてくれました。

以前、年末の帰省のついでだったかに嵯峨野のトロッコに乗ったことがありますが、あれは…寒かった…

このSLスチーム号も開放感溢れる客車なので、寒いことは寒いですが、トロッコに比べてスピードが出ない分マシかと思いきや、やっぱり寒いものは寒かった。でもゆっくりコトコトと走っていくのは、非日常的な感じがして楽しかったです。

ちなみに息子はSLの蒸気の音に少し驚いたものの、あとは周りの風景を見るのに一生懸命でした。

f:id:sakura_ink:20170115070013j:image

もう少し長くなりそうなので、続きはまた次回に。