読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらメモ

こども・本・たべもの・散歩・ネタになるものもろもろ

自分の中にいた息子の姿はこんなだった。

最近ふと手癖で描いたものにこんなのがある。

f:id:sakura_ink:20170108071224j:image

息子の後ろ姿である。よちよち歩いて、色んな所に興味を示していた頃の姿であろうか。

何か写真を見ながら描いたわけでもなく、完全に私の手癖で描いたものだったので、「私の身体の中で覚えられていた息子の姿」ということになる。

帰宅して改めて息子の姿を見ていると、目の前の息子はもう三頭身ボーイではなく、身体の作りもシュッとした体型になっていたのだ。もう乳児体型じゃなくて幼児体型にランクアップしていたのかー!

激しくバタバタしている日々で、抱っこするのはだんだん辛くなってきたし、保育園からの連絡帳や成長の記録を見て、数値的に「大きくなってきてるなー」とは思っていたのだけど、こうやって目に見える形で違いがはっきりとわかったことにビックリしてしまった。

しかし、最近とった写真を見ていると、この絵とそう変わらない息子の姿がある不思議。これが成長期が見せる、生きるチカラなのだろうか。