働くカーチャンの雑記帳

旅に出たい母ちゃんと乗り物好きな息子の日常

我が家の自分時間事情

前回のエントリを書いたあとに日経DUALを見てみたら、「自分時間」についての特集をやってたことを知った私です。

なんとタイムリー!
というわけで前回からの続きになりますが、我が家の「自分時間の作り方」について少し触れてみたいと思います。

自分たちの趣味について

今までも度々話に出てきていますが、自分の趣味として産前から「合唱」と「よさこい」をやっています。
いきなり結論を書くようですが、息子が生まれてからも、無理がない程度にこの2つを続けることが出来ています。
夫の趣味は私とは合わない…というとネガティヴなようにも聞こえますが、アクティビティとかアトラクションとかを好んでやるタイプです。
なので、産前は「休日は夫婦別行動」なんてのがよくありました。
息子が生まれるまで色々ありましたが、「お互いの趣味に必要以上に口を出さない」ことで落ち着いてます。
あ、一応夫婦共通の趣味でお笑いとかアニメ見たり、本読んだりしてます。
ここら辺の嗜好は合うようで良かった良かった。

我が家の自分時間の作り方

趣味に限らず、職場の飲み会とかなんとかがある場合、基本的に事前に自己申告して、息子の保育園のお迎えとかを調整するようにしています。
ぶっちゃけ、夫の自分時間は捻出しやすいのですが、私の自分時間となると要検討。
とはいえ、最近は夫と息子だけのお泊まりはまだ無いものの、私が夜遅くなるとか、一日外出してる間は二人で過ごせるようになってきました。
 
前回のエントリでも書いていた「よさこいの新年会」も朝から夜までの一日仕事。(趣味ですが)
普段は息子連れて出かけてる私ですが、今回は司会をすることになっていた&息子が一緒だと進行が難しい…というわけで、この日は夫と息子の二人で別行動してもらってました。ありがとう!

普段の生活で心がけていること

息子が生まれる前・夫婦共働きな時から、ここは「お互い様」ということで、家事の役割分担はなんとなく出来てましたが、息子が生まれてからもこれは継続出来ています。
食事とかは主に私、私が子守している間に夫に洗濯とかお風呂掃除とかやってもらい…という感じでなんとなく役割分担ができています。
食器洗いは二人どちらか余裕がある方、みたいな。食洗機にセットするだけですが。
 
家事周りに関しては、基本私がズボラすぎるので、夫は内心思うところがあるような気もしますが、いやもうこれは本当にお互い様というところで。
こういうところが、お互いの趣味の時間を作り出すことにも繋がってるんじゃないかなと思います。

夫婦の「自分時間」が自分たちや息子に与える影響

お互いの「自分自身」が保てる時間を作ることで、ストレスの発散や気分転換になり、夫婦それぞれが持つコミュニティや興味の幅を、息子を通じて共有出来るようになったなーという印象があります。
息子にも夫婦お互いが持つもの・周りを取り巻くものを見て、興味の幅や可能性を広げていければと思う次第。
息子の好きなものは少しずつ現れるようになってますが(「でんちゃ!」とか)、これからも親が「これやりなさい」じゃなく「こんなのどう?」というスタンスでいけたらいいなあ。
先日、この研究結果を眺めたりしたのですが、自分たちが小さかった頃を考えても、生活環境というものは少しずつ変わってきているもので。
息子自身はまだ1歳2ヶ月なので、この調査の対象からは少し外れてはいますが、今後の参考にしていきたいと思います。
 
今まで自分たちが得てきたものは、今後は形を変えて付き合ったり、還元したりしていくことにはなると思いますが、繋がりにしろ経験にしろ、細く長く続けていきたいです。