読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらメモ

こども・本・たべもの・散歩・ネタになるものもろもろ

1歳の誕生日に向けて準備を始めるよ

こども 日々 手芸 生活

嵐のように春と夏が駆け抜けていき…やってきた秋!

気がつけば息子の誕生日が来月と迫っておりました。
臨月なのに食欲の秋を満喫していたのがもう一年前とか早いもんです。
 
保育園の同じクラスのママさん達から「こんな誕生日やったよー」的な報告を今までいただいていたので、「うちも折角だしなんかやっておくかなー」などと思いまして。
秋になり、ようやく本格的にリサーチを始めた次第。
なんとなく「両家のじいちゃん・ばあちゃん呼ぶかー」とか「一升餅背負うかー」なんてボンヤリとしたイメージはあったものの、いざ準備段階!となると…課題は山盛り、むむむ。
息子の誕生日は土曜日なので、前日までに料理とかケーキとか準備!などと考えると、仕事もあるのでそこまで時間は割けません。
 
てな感じでもやもやプランを練った末にたどり着いた結論。
 
『出来るだけ外注化してしまおう…!』
 
外注化と言うと響きはアレですけど、結婚式にしろ普段の家事やらなんやらにしろ「どこに重きをおくか」がポイントになってきますよね。
うちの場合「盛大に祝いたいけど、基本は『普段の生活の維持』」を取りました…手作りオンリーとか…無理…すまんかった…
 
お食い初めはそれなりにやったものの(いやこれもある意味外注化)、ハーフバースデーとか初めてのクリスマスや初節句あたりは、家族だけで軽〜くお祝いしたので、その分の欲望を1歳の誕生日にぶつけたいと思います。ある意味親の欲。
 
母に「何を準備すれば良いか?」と訊ねたところ「祝い事といえば鯛と赤飯でしょう」問題がまず出て来たりしまして。
調べたところ「鯛の尾頭付きの塩焼きはスーパーや魚屋さんで発注がベスト」という情報をインターネットから得ましたので、「魚と言えば」な角上魚類に電話で発注!
お祝い用の包装で、価格は1500〜1800円とのこと。出来上がりが楽しみです。
(ついでに店頭でお寿司、お刺身、おつまみあたりも揃えたい願望)
 
赤飯はスーパーで見かけたこれで作りたいと思います。頑張れ、我が家の炊飯器!

 

イチビキ 楽々炊きたて赤飯おこわ 393g

イチビキ 楽々炊きたて赤飯おこわ 393g

今月いっぱいWAONボーナスポイントが付くから買ったわけじゃないよ!本当だよ!
 
赤飯といえばこんなのも気になってました。

 

 

井村屋 お赤飯の素 230g×12袋

井村屋 お赤飯の素 230g×12袋

前者の俵入りの赤飯は以前結婚式の引き出物でいただきました。美味しかったですよー。
 
一升餅の準備はどうするの?」とか「ケーキはどうするの?」問題も抱えたままですが、こちらは手遅れにならないうちに追々に…。
このシルバーウイークは「息子の手足口病」と「部屋の片付けと断捨離」に燃えて終わりました。燃え尽き系母さん!