働くカーチャンの雑記帳

旅に出たい母ちゃんと乗り物好きな息子の日常

妊娠初期の過ごし方と妊娠報告のタイミング

さて、前回の妊娠話の続きです。

Twitterで見る妊婦生活〜妊娠確定前まで〜 - さくらメモ

妊娠がわかった!となると、ここで悩ましいのが周囲の人たちへの報告のタイミング。
ムーニーのサイトを参考にして、私の時はどうだったかを振り返りたいと思います。


ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めてのオメデタ報告 1 - ユニ・チャーム

まずは家族への報告について。


ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めてのオメデタ報告 2 - ユニ・チャーム

真っ先に報告したのはもちろん旦那様!
産婦人科の帰りにメールでの報告でしたが、じわじわと実感が湧いてくるかのような、そんな内容でした。

その後は両親。
義両親には母子手帳を貰ったタイミングで、旦那様と一緒に実家へ報告に。
私の両親へは電話での報告となりました。
喜んでもらえて本当に良かった。

友人や仲間内への報告は(行き掛かり上必要であれば)ごく少数の友人へは妊娠初期で、あとは安定期に入ったら改めて、という形でした。
今回偶然にも私と同じようなタイミングで妊娠した友人が何人もいまして!
(予定日1週間前&数日前の友人も居たりしたので、そりゃびっくりであった)
なんというか妊婦仲間が自然と出来た!と感じたものでありました。

*趣味の仲間たちへの報告話はこちらでも。 

子連れ合唱 - さくらメモ

次に職場の人たちに対しての報告。


ムーニー 妊娠 出産 育児 初めてレッスン 初めてのオメデタ報告 3 - ユニ・チャーム

私は妊娠がわかったその日、上司だけではなく親しい同僚の何人かにはそれとなく報告。
すると驚きよりも「病院へ行くって休んだから、もしかしたらそうじゃないかと思って」と言われたり、「実は(私が)男の子と一緒にいる夢を見た」とか言われてしまう始末。
その頃はもちろん子どもの性別なんて分かるわけはないので「まさかね〜〜」なんて言ってましたが、本当に男の子が産まれてくるとは…。
女子の勘はなかなか侮れず、ですぞ。

同じ部署の人たちへは、つわりで辛くなって休んでしまう&みんなに迷惑をかけてしまう前に、3ヶ月に入る3月上旬に朝のミーティングで報告。
何があるかわからないので、安定期前に報告するのはなかなかリスクがあるんですが、(元々ワークシェアリングはなんとなく出来ていたものの)私の代わりに仕事を回せる人が居ないような状況だったので、仕事に穴を開けてしまう前に、のタイミングでした。
幸いにも上司含めて良い方ばかりだったので、助けてもらったこと、気遣ってもらったことに感謝しきり。

実際、3月いっぱいは(そこまで酷くなかったものの)つわりで結構参っていたので、早めに言っておいてよかったです。
4月上旬にはなんとなく体調も落ち着いてきたので、異動や引き継ぎの準備もそこそこに。
実際新しい部署へ移ったのは、私の体調諸々を考慮して5月の連休明けになりました。
新年度突入な4月中、通勤・通学客が多い中での電車通勤は正直辛かったですが、無事に乗り越えられて良かったです。

*良かったらこちらの記事もぜひ。

妊婦の通勤とマタニティマーク - さくらメモ

3月に友人の結婚式で北海道に行く予定でしたが、体調のことも考慮して欠席…となったのが残念。。
今までと比べると、だいぶ行動は制限されたものの、なんとなくお花見に行くこともできたし、それなりにゆったりと楽しむことが出来た2ヶ月でした。

f:id:sakura_ink:20150115113004j:plain