読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらメモ

こども・本・たべもの・散歩・ネタになるものもろもろ

facebookページはじめました

ブログの方もなんとなく自分でペースが掴めてきたので、年明けからFacebookページを始めてみました。


さくらインク | Facebook

こちらのブログや平行して使っているnoteの更新告知と、私の思いつきとか近況とかその辺りが中心になると思います。
もし興味を持ってくださった方がおられたら、いいね!してくださるとありがたいです。

*こちらもゆるゆる更新してます*


さくらインク (sakura_ink)|note

noteでは育児ネタは割と少なめ。写真とか食べ物とか、「ひとりさんぽ部」と称した散歩ネタとか、その辺りが中心になってます。

 

育休突入して、私がブログ…もといテキストを起こし始めようと思ったのは、「今、この時私が思った事、考えていたことを残しておこう」という思いもありますが、ある種のストレス発散とリハビリの場でもあります。
言い方は非常にアレですけど。

ずっと息子と向き合った生活をしていると、自分自身は「息子くんのママ」という立場に染まる。
家事にせよ育児にせよ、割とルーチンでやっていくことが多いので、日々の生活が数ヶ月先も見据えたものというよりは、日々をどう過ごしていくかという短期間スパンを考えたものになりがち。
長い目で見て考えてみれば、これから大きくなっていく息子の人生の一部に添っているわけですから、すっごく長期間スパンのことではあるんですけどね。

どこかしらで第三者目線で見てみるというか、ガス抜きをしつつ客観的に自分を見つめる、ということを普段からしておかないと、いざ育休を終えてみた時に自分自身が麻痺をしていそうで。
仕事をしていると評価と成果が求められる場面の連続なもんですから。

もう少し気を楽にして、息子とべったり暮らせる今の時を楽しめばいいじゃない。
私自身まじめに考えすぎるきらいがあるのだから。
とも思うんですけど、ただ淡々と日々が過ぎ去っていくのは勿体ない気がして。
折角なので、自分の気持ちの整理をしつつ、息子との生活を無理しない程度に楽しみつつ、日々の記録を残していっている次第です。

妊娠中に自治体の母親学級に参加した時のことなんですけど、「育児ノイローゼに陥る前にやるといいこと」の一つに「Twitterでつぶやく」という項目があって、時代だねえ…と思ったりしたもんです。

自分の中にある思いを一度吐き出して、他人に見て(聞いて)もらう、という行為の大切さたるや。
友人や家族と面と向かって話する機会が減っていってるというよりは、環境として難しい場合、どこかしらで「逃げ場」を作っておくことは必要なんですね。